セントレア駐車場情報

第22回ソフトウェア品質技術者資格試験・初級合格

大部時間が空いたのでが、2019年6月15日(土)に実施された

『第22回ソフトウェア品質技術者資格試験・初級』の結果です。

無事に『初級認定(合格)』を頂きました。 

 

 ソフトウェア品質技術者資格試験とは

ソフトウェア品質技術者資格試験は、日本科学技術連盟が実施している

ソフト開発に携わる人向け、特に品質に関する人向けの資格試験です。

www.juse.jp

初級の試験内容

 40問で制限時間は 60分(途中休憩なし)。

 合格ラインは、70%程度です。

 40問はすべて選択問題ですので、中級の記述式に比べると楽です。

 知識レベルは、レベル1から3です。

 レベル1:知っている

 レベル2:知識を説明できる

 レベル3:概念と使い方がわかる(←ここまで)

 レベル4:詳しく理解し応用できる

 レベル5:熟達している

参考書・資料

  前提として、私は、JSTQBのFoundation Level(初級相当)を持っています。

 Advanced Level(テクニカルマネージャー)を受けて2回連続落ちている(爆)。

 テストマネージャーは、未受験。

 と、軽くソフトウェアの開発系の知識は持っていました。

 それを踏まえて、下記資料を入手しました。

 ・ソフトウェア品質知識体系ガイド-SQuBOK Guide-第1版

 ・初級・ソフトウェア品質技術者資格試験 問題と解説(第1版相当)

 ・HPの過去問

 ただ、残念なことに第2版が最新なのですが、どれも入手しようとすると

 結構な出費。そんため、値段が安い第1版で何とかしのぎました。

 

スポンサーリンク

 

勉強方法

過去取得した人に聞くと「前日、一夜漬けで取った!」と。

簡単なイメージでしたが、1か月前から軽く本は読むようになりました。

■1か月前

 本を軽くパラパラ読む

■2週間前

 問題集を解く、本を軽く読む

■1週間前

 本と問題集を両方見る

 

 1週間前から、まじめに読みだした感じです。

本を読んだ方もいらっしゃるかと思いますが、

 まあ、眠くなる本です。

知識を問われるのが多いので、広く、浅く記憶することに努めました。

 

結果

f:id:tabinidetakamo:20190901230024j:plain

合格発表は、8月1日でHP上に受験番号が公開されました。

ドキドキでしたが、番号があった時は「ホッと」しました。

※受験地をよく確認にしてくださいね。

同じ受験番号だけど受験地違いって可能性もあるので。

ちなみに全体としては、436名中183名合格。

42.0%の合格率です。

次回は、11月16日(土)に初級、中級が行われます。

興味のある方は、チャレンジしてみてください。